失うものと得るもの

なんかね、色考えちゃいます。

不倫されて、家を出て行かれてですよ。

堂と不倫生活を送られている訳で、妻としてはもう本当に辛いですよ。

傷ついて泣いて嘆いて。

将来が不安で。

子供たちを心配して。

まあ、不倫されて家出された妻としては一通り経験しました。

今ですが、ちょうど不倫発覚夫が堂と不倫生活を始めて3年が過ぎようとしています。

離婚を選択する人、諦めずにご主人を取り戻す人、いろいろですよね。

私の場合、離婚を選択しないことに決めたわけです。

だったら、もう腹をくくるしかないわけで、夫に対して不平や文句を言っても、良い事なんて何もないわけです。

夫に何を言っても通じないのはもう理解出来ています。

夫から自由を奪うようなことをすれば、こちらに被害が及ぶことも分かっています。

被害は、私だけではなく子供たちにものしかかりますから。いろんな意味で。

だから、何も言わない、そして何も行動しない。

私は以前よりも、慣れたせいもあるけど、イライラは少なくなっています。

不平不満ばかりだった私の心に、感謝を見つけ出したから、かなり心が楽になれた。

夫は夫の人生、私は私のやるべき事をする。

どんなにひどいことをされたとしても、夫は私達が生活するお金をくれている。

これは、私がどんなことがあっても感謝すべき事である。

子供を産み、育てさせてもらっている。

子供と一緒に生活出来るありがたさ。

サイテーだと思っていた夫にも、感謝出来ることがあった。

私は夫に対して、不倫については、もう何もいっていません。

夫の生き方に関しても、思う事はたくさんあるけど、言いません。

夫は夫。

私が夫を良い方向へ導くんだ!なんて考えこそが、奢りの部分だったんですよね。

それと、最近思ったんですが。

私がなぜ夫に対して何も言わないのか。言えないのか。

私には、ここしかないんです。

親兄弟親戚がいない私は、もうここしかないんです。

味方をしてくれる親族はいません。

味方になってくれる友人はいるけど、友人を頼ることは出来ません。

だからね、私は我慢出来るんだなって思うんです。

夫に対して何も言えない。

私はここにしかいる場所がないから、夫からイヤな思いを受けたとしても、我慢せざるを得ない。

逆に言えば、逃げ道がある人は我慢しなくても良いんだと思う。

私はね、とことん逃げ道がないんです。

誰1人、味方もいない。

子供たちの生活と心を守る為に、私に残された道はこれしかないんだろうなって。

それでも、生活出来ているから。

子供たちを楽しませる生活は送れているのは間違いない。

それでも、離婚出来たらって思う事は多ある。

未亡人になれたらとか、そんな空想がつきない。

夫には感謝すべき事はいろいろあるけど。

私にはやはり、子供たちの存在。

私には家族が出来た。

家族を作ってくれたことに、これは一番感謝すべき事なんだ。

夫は他人だけど、やはり子供は本当の家族って感じするからね。

将来、どうなるか分からないけど、私は憎しみや怒りじゃなくて、感謝と愛で心を満たしたいなーなんて思う訳です。

子供たちは、パパに対する怒りや憎しみや悲しさ寂しさなどあって当然なんだけど、発覚時は、娘は小5、息子は小2だからね。

そりゃー色あっておかしくない年齢だったと思う。

子供たちの心を守る為に、隠し事を辞めて、悩みを共有して、別に大した事じゃない!みんなで団結してがんばろー!的な。

パパいなくても平気。ママだけの方が逆に良いじゃん!!

そんな感じでやってきた。

子供たちは、パパに対する怒りや憎しみや悲しさや寂しさは、ない代わりに、パパに対して愛情はなくなっている。

結果的には、パパへの愛や信頼をなくす代わりに、パパへのマイナスの感情を取り除いた。

これが良い方法が悪い方法が分からないけど、もうどん底に沈んだ私と子供たち。

子供たちの心を救うにはもうこれしかなかった。

期待させても何も起きない。

傷つけない方向へと導いてきたつもり。

その代わりに、子供たちはパパへの愛や期待はない。

が、子供たちと私の団結力は結構強い。

失うものと得る物。

失って気づくもの、得る物。

私はね、なんだか、夫のこの不倫問題があって、私はやっと一人前になった気がしてる。

暢気に生きてきた自分には、反省すべき事が多くて。

気づけて良かったって、今はね結構本気で思ってるんだ。