自分の気持ちを言語化してみる。

脱!摂食障害カウンセラー三上さくらです。

15年間、摂食障害過食嘔吐に苦しみ、両親にも言えず、友達にも言えず、病院にも行けず、日悶としておりました。

何かに取り憑かれたように食べ物を口に入れて、お腹がはち切れそうになってトイレへ駆け込む。どうしてこんな愚かな行動をするのだろう。どうして止められないのだろう。トイレから出てきて、全て吐けたことに安堵しながら、自分を責めます。

ある日、日記を書いてみよう、とノートを買ってきました。はじめは、行動に対する後悔と反省ばかり。昨日と同じ内容を書いて、読み返しては気持ちが重くなっていく。症状は改善するどころか悪化している。そんな自分をますます追い込んでしまいました。

もう吐きたくない

自分で書いた言葉を声に出してみました。

もう治らないのかも

涙が溢れてきて、ノートにポタポタ落ちました。鼻水も垂れました。紙がウネウネしてきて、もうどうでも良くなってきました。

私は、キレイに日記をつけたい人間でした。一度脳内で整理してから、きちんとした文法で、正しい漢字で。学生時代のノートも丁寧に書いていたし、気に入らない部分があると破いたり、ノートを買い直したりすることもあります。

今、目の前にあるウネウネのノートに思っていることを書きなぐってみました。もうグチャグチャで読み返すこともできないと思います。それでも心の中身を全て吐き出すように書きました。いつも食べ物を吐いている時のように、全て書き出しました。

そして、ノートがいっぱいになる頃、手が痛くなって、気が付いたのです。

私は愛されたいのだと。

いい子ちゃん時代の私は、学級委員や生徒会、運動部の部長でした。成績は上位だったし、硬筆も毛筆も絵も作文も賞状をもらうような子でした。だから、そうじゃない自分に自信がありませんでした。何にもない自分を愛してほしかったのです。

もちろん愛してくれたと思います。でも自分で自分を愛せませんでした。肩書きを失った自分、表彰されない自分は、この世の中で必要のない人間だと思ったのです。はじめて自分の深いところに触れた気がしました。

ノートに書きなぐった翌日も過食嘔吐は止まりませんでした。しかし、私は自分のことを少しだけ知ることができました。

自分を知ると、自分なりの克服法が見えやすくなります。まずは、自分の心の底のモヤモヤした感情を言葉にしてみてください。実は意外なことにこだわっているかもしれません。