どうしてパニックは起きたの?カラクリを見破るといとも簡単にお悩みは解決する。

ご訪問ありがとうございます。

花里です。

前回のブログの続きですこちら

先日、久しぶりに高速のトンネル内でパニック症状が起きたお話しでした。

本当に久しぶりだったので、結構強烈だったんですよ。

でも帰りの高速は快適に運転してきました()

では、どうしてその時だけパニックが起きたのか?

私はその日、仕事仲間とのランチの約束がありました。

待ち合わせの時間が早くなるという連絡を友人がLINEで前日に送ってくれていたのに、なぜか直前まで届かなかったのです。

直前で連絡を受けた私は。

時間に遅れてはいけない!!

という想いから、乗ろうと思っていなかった高速に乗ったのです。

そうすると、ちゃんと現象が起きてくるんですね。

行く途中に4超あるトンネルを抜けるんですが、

工事中だったので、ずっと一車線走行を強いられることになりました。

前後合わせて10近く工事してたんじゃないかなと思います。

後ろからあおられるし、逃げ場はないし、自分のペースで走れない。

そして過去の残像。。

そのto〜の塊が私をパニックにさせる原因でした。

そもそも私は高速に乗る予定ではなかった

wantto〜ではなかったんです。

このメソッドを学び始めてからhaveto〜を無理にやると

あらゆる現象が起こるようになりました。

というか、気づくようになったんです。

今まで気づかなかっただけなんですね。実は()

そして、本当の私のwantto〜はなにかを師匠とともに観ていくと、

真のオーダーがわかったのです。

それは。。。

私はリラックスしたいでした。

リラックスして運転したいというのではなく、

リラックスしたい。

です。

私はリラックスして毎日過ごしたいのです。

to〜の塊だと、私の場合ですが

体も緊張して過呼吸気味になってパニックが起こりやすくなる。

そこにセルフトークやもろもろ関係してくるのですが、

だからWantto〜に従って過ごすのがベストなんですね。

帰りの高速は私は高速に乗りたいだったので

なにも起こらないのです。

その先のビジョンも観えていたし。

でも、haveto〜をやらなければいけない時ってありますよね?

そんな時はオチを付けてあげるといいんですよ()

そのあたりは東京レッスンでお伝えしていきますね()