地元カフェ

2つ前の「ボウリング大会&新年会」で新年会終了後に、ひなみちゃんがI’Kissのシフトに入っている日で、18時出勤なので、それまでの時間調整と、堺のガイドの時に定休日で行けなかった店の物の買物等で一旦地元に戻る事にしました。

新年会の会場を出てから、阪堺恵美須町に向かい、14時35分発の我孫子道行が発車寸前だったので、いいタイミングで着けました。

501型の復刻塗色車で、天神ノ森で161号車の貸切とすれ違ったので、それでカメラ持ちが多かったのかと思いました。

我孫子道浜寺駅前行に乗り換えて、寺地町で下車して かん袋に行きました。

ここはテイクアウトだけにして、小島屋に行きました。

持ち帰り用の けし餅ロールを買うと、通販用のという事で、冷凍状態で出てきて、冷蔵庫で10時間自然解凍してくださいとなっていました。

これだと遠方に持って行くのに好都合に思い、それで店内のカフェで1日に1本分しか発売していんないのかと思いました。

けし餅ロールが直前にカフェにいる家族連れで売切れたという事で、煎茶セットを注文しました。

小島屋を出て、山之口商店街を通り抜けてから、つぼ市製茶本舗に行きました。

この店もガイドの日に定休日だったので、ここは地元の銘菓を置いていないので、カフェだけに行く事にしました。

お茶屋がやっているだけあって、抹茶、ほうじ茶のメニューが豊富で、抹茶あんみつ ほうじ茶セットを注文しました。

支払いの時に店内の商品を見ると、アイスクリームを置いていたので、暑い時期に買いに行こうと思いました。

店の前が阪堺神明町電停なので、時間ギリギリまで居る事ができ、16時38分発天王寺駅前行に乗ると、堺トラムの茶々が来ました。

我孫子道で乗り換えで下車する時の放送で恵美須町行の時間を言っていましたが、乗り換え時間がやけに長いので「あれ?」と思い、時刻表を見ると接続ありと接続無しの印を見間違えていて、1本後のが接続でした。

その間に161号車の貸切電車 が通過して行きました。

我孫子道17時1分発恵美須町行に乗り、161型のオリエント急行殺人事件のラッピング車だったので、堺のガイドの時に恵美須町から乗っているので、ひなみちゃんのところに行くのにピッタリな気分になりました。

恵美須町の1番線に161号車の貸切が停車していたので、2番線に着番線変更になりましたが、161型の並びになりました。

難波まで歩いて、なんさん通りの百均ショップに買物に行き、製菓材料・器具の店に行き、業務スーパーに寄ろうと思いましたが、寄らずにI’Kissに直行しました。

広告を非表示にする

真木よう子井上真央桜庭ななみが姉妹に!

真木よう子井上真央桜庭ななみが姉妹に!伝説の舞台が映画化焼肉ドラゴン

な、、見てから仕事行こうとしたダンジョ

な、、見てから仕事行こうとしたダンジョンがない?さんまじか、、

ときめきオルタ倶楽部を見た時、ときめき

ときめきオルタ倶楽部を見た時、ときめき放課後クラブと言う単語が出て来たのは俺だけじゃない筈!!!

子どもの心の中

お母さんがいつ家を出て行くかわからない。自分も突然家を出て行くかもしれないから、自分の荷物をこっそり預かってくれないか。

これは私の子が友達に頼まれたとかで相談してきた実際のお話しです。

年末年始、ずっと両親がけんかしていて、

お母さんが出て行く!と言っている。

相談してきた子は、

ドラマみたいにお母さんが子どもの手を引いて、

旅行用スーツケースをガラガラひいて出て行くイメージだそうです。

自分の大切な物は持って行けないかもしれない。

ある日突然、さあ、出て行くわよ!と手を引っ張っていかれるかもしれない。

いや、それどころか、ある日家に帰ったら、

もうお母さんがいないかもしれない

そういう心配をしているそうです。

子どもはあまり親しくしていなかったのに、

一緒に帰ろう。

と突然誘われて、何か引っかかったので初めてその子と一緒に帰ったそうです。

うちの両親。仲悪いんだ。

から話しがはじまって、荷物をこっそり預かってほしいと頼まれたそうです。

ある日突然今の家を出ても学校は変わらないだろうから、

学校の大切な物を学校の誰かに預かってもらおうと考え、

すごく親しいわけでもない、程よく距離のあるうちの子に勇気を出して頼みに来たという感じです。

そんなことが本当になるかどうかはわかりません。

でも、預かることになったら、もちろん預かります。

お母さんの事情もちょっとわかります。

本当に出て行くなら、次の生活の準備で余裕がないでしょう。

でも、お子さんはものすごく不安になっています。

家を出て行くイメージは、ドラマのお母さんと2人でスーツケースガラガラなのだそうです。

12歳以上のお子さんですが、他にイメージがないそうです。

子引っ越しじゃないんだ

友うん。引っ越しじゃなくて、出て行くんだよ。だから、荷物は持って行けないかもしれない。

友ある日家に帰ったら、お母さんがいないかもしれないんだ

子お母さんは、置いていかないと思うけど

友お母さんはわからない。だって出て行く!って言ってて、私をどうするかは言ってないから。お母さんだけ出て行くってことかもしれない。

友(名前)!出て行くわよ!と私に言うこともあるから、連れて行くってことかもしれないけど。そうなって、そのまま出て行ったら荷物はどうなるんだろうと思わない?

とても深刻で、ごもっともな心配です。

どれほど深刻な状況かは、全くわかりません。

ただの夫婦げんかかもしれません。

でも、夫婦げんかのその場にいるお子さんは、どれだけ不安になっているか

お子さんの前でけんかがいけないことは、私もよくわかっています。

お子さんへの影響は大きいです。

本当に離婚するなら、もちろん真剣に話し合うべきですが、その場にお子さんを同席させる必要はあるでしょうか。

けんかも話し合いの場にも、子どもは同席するべきではないと思います。

子どもに言ってあげられるほど方向が決まらない場合もありますが、どんな状況でもお子さんへの愛情は伝えてあげてほしい。

揉めている時ほど、子どもも動揺しています。

状況に安心はなくても、愛情だけは伝えて落ち着かせてほしい。

家に帰ったらお母さんが自分を置いて出て行ってしまっているかもしれない。

そんな不安をかかえたお子さんの気持ちを思うと涙がでます。

たった一言

お母さんはあなたを離さない。

と言ってあげられますように、

その子の不安が取り除かれますように

と祈っています。

広告を非表示にする